梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

北海道旅行 三日目 怒濤の食い倒れ編

三日目

ずっと計画通り順調だった旅行がほころびだした。
朝ごはんに選んだスープカレー屋に行ってみたら「今日は11時から」の張り紙。
白い恋人の石屋製菓がやっている、イシヤカフェも本格的なメニューは11時から。
そして気温が下がって寒い。
念のため持っていってた股引を履いても寒い。
とりあえずカフェのモーニングを食べて10時開店を待ってサッポロファクトリーへ。
c0034396_23435328.jpg

ノースフェイス目当てで行ったらアウトドアブランドがいっぱい。
ブランドごとの店舗にアウトドアショップ。
さすが雪国。
色々買いたかったけど、耳当てだけ買った。
c0034396_2343547.jpg

c0034396_23435469.jpg

ピカンティ 札幌駅前店
昼時になりスープカレー。
札幌で食べるほどではないだろうと計画外だったけど初日のオロフレ荘の方にスープカレーの美味しさを言われ気になり入店したが抜群の旨さだった。
今後を考えごはんは半分した。
c0034396_23435565.jpg

c0034396_23435524.jpg

ISHIYA CAFÉ
凄いボリューム。
美味しかったけど、白い恋人的な味はなかった。


13:14札幌発 JRエアポート125号
13:46小樽着
c0034396_2343566.jpg

c0034396_23435622.jpg

小樽に行ってみた。
更に寒い。
c0034396_234357100.jpg

c0034396_23435845.jpg

小樽運河に行く途中にある北海道最初の鉄道レール。旧手宮線の廃線跡。
鉄道マニアには堪らないんでしょうね。
c0034396_23435838.jpg

小樽運河も中国人がいっぱい。
どこもそうだが観光客は中国人ばかり。
騒々しいけど日本人が少ないから仕方がない。
外国人客をとりこめるかがこれからの観光地の課題なんだろう。
c0034396_23435971.jpg

これも宿情報だが、海鮮は値段ほど美味しくないと聞いた。
だけどとりあえず食べておこうと少しつまんだ。
ルタオ本店群や北のウォール街を眺め小樽駅に帰った。
c0034396_23435931.jpg

小樽駅ホームで裕次郎さんと記念撮影。

一時間ちょっとで新千歳空港到着。
まだ食べていないラーメンはここでいくと決めていた。
c0034396_2344038.jpg

北海道ラーメン道場

他にも空港にはジンギスカンなど食べられるが北海道のラーメンが沢山ある。
c0034396_2344192.jpg

c0034396_234404.jpg

けやき で札幌味噌ラーメン(コーン、バター入り)を食べて
c0034396_2344299.jpg

梅光軒 で旭川醤油ラーメンを食べて
c0034396_2344321.jpg

サッポロクラシック生ビールを呑んで
c0034396_2344459.jpg

尊敬するゆず兄さんの色紙と写真を撮り二泊三日の北海道旅行は終わった。

北海道は美味しいものが沢山ありました。


人間だれしも食欲がある。
その欲を解消出来るのが良い観光地の条件なんだろう。

ではアーティストは観客のどんな欲を解消すれば多くの支持を得られるのだろう・・・。
イコール自分がやりたい事だといいのだけれど。
[PR]
by minorucasino | 2014-10-26 23:28 | 旅日記

小朝独演会in町田

ずっとお付き合い頂いている方のお誘いで町田の春風亭小朝独演会に行って来た。
c0034396_2326356.jpg

ブレブレですが、小朝一席目は「死神」。
滑稽な様は流石。
サゲを変えてました。

二席目は見台を出して芝居もの。
初めて聞いた噺。

後ろの人が「早口だ…」って呟いていたけど、江戸弁が早口で聞き取れないところがあり筋を途中で見失ってしまった。
上手くやるあまり客席をおいてけぼりにした感があった気がする。

でも生で見る落語はいいなぁ。
[PR]
by minorucasino | 2014-10-23 23:12 | Diary

北海道旅行 二日目 魅惑の食い倒れ編

二日目
10:00 登別温泉発
11:40 札幌駅前着
バスで札幌へ。
地下鉄一日券を買って動き回った。
c0034396_14575714.jpg

c0034396_14575815.jpg

時計台。
鐘の音がとても大きくびっくり。

お昼はオロフレ荘の方に教わった回転寿司 トリトンへ。
c0034396_1458071.jpg

c0034396_14575991.jpg

c0034396_14575915.jpg



30分ほど待って席に着いた。
道産のはマークがついていた。
c0034396_145803.jpg

c0034396_1458117.jpg

c0034396_1458160.jpg

c0034396_1458268.jpg

c0034396_1458253.jpg

c0034396_1458336.jpg

c0034396_1458354.jpg

どれも新鮮で美味しかったけど、タラコが磯の香りがして美味でした。
c0034396_1458456.jpg

c0034396_1458429.jpg

地下鉄に乗って白い恋人パーク。
周りはすっごい甘い香り。
c0034396_1458592.jpg

c0034396_1458524.jpg

中に入るとそこはメルヘン。
c0034396_1458687.jpg

c0034396_145878.jpg

期待したけどさほど白い恋人の味はしなかった。
c0034396_1458768.jpg

お菓子の家と写真を撮り
c0034396_1458870.jpg

c0034396_1458857.jpg

職人の方と写真を撮り
c0034396_1458996.jpg

c0034396_1458931.jpg

c0034396_145897.jpg

c0034396_14581076.jpg

c0034396_14581153.jpg

c0034396_14581140.jpg

無料ゾーンで遊ぶ。

アンティークのおもちゃとかが沢山あって無料とは思えない空間。
莫大な財産なのでしょうね。
隣の土地はサッカー場だし。
1時間ごとのからくり時計の規模のデカさには驚いた。

そこから地下鉄に乗ってサッポロビール博物館へ。
c0034396_14581290.jpg

c0034396_14581341.jpg

c0034396_14581335.jpg

だけど月曜休館。
隣のサッポロビール園でジンギスカンを食べた。
c0034396_14581455.jpg

c0034396_14581411.jpg

c0034396_14581580.jpg

c0034396_14581542.jpg

ここ限定の生ビールを呑みながらのジンギスカン、最高。

c0034396_14581662.jpg

二軒目
いざ、すすきの。
c0034396_1458166.jpg

c0034396_14581762.jpg

c0034396_14581742.jpg

たかさごや
下北沢の呑み屋で聞いたお店。旬のものを食べさせてくれると聞いた。
さんま、カキ、刺身はホッキ、八角、平政。写真を忘れたが初めて食べたししゃも。
どれも抜群に美味しかった。


三日目に続く。
[PR]
by minorucasino | 2014-10-23 14:58 | 旅日記

楽しかった北海道旅行 初日編

二泊三日で北海道旅行して来ました!
成田空港初ジェットスター便だと手数料込みで片道8000円弱。安い!青森にも参入して欲しいところ。

初日
1日目
7:40 成田空港発
快晴の上空。日本列島は秋のグラデーション。
c0034396_14192251.jpg

遠くに富士山
c0034396_14192417.jpg

陸奥湾?
c0034396_14192435.jpg

すっかり紅葉している北海道。

9:20 新千歳空港着

そこは魅惑のターミナル。
ここだけで北海道を満喫出来るグルメ、お土産が溢れてた。

朝ごはんに豚丼をチョイス。
c0034396_14192080.jpg

c0034396_14192124.jpg

ドライブインいとう豚丼専門店「豚丼名人」
味が濃くて食べられないかと思ったら、見た目ほどじゃなくて照り焼きといったところ。
豚も美味しいお肉でした。

登別温泉へバスで1時間。
c0034396_14192582.jpg

お昼を何処かで食べる計画だったけど、全くお腹は減らず散策開始。
c0034396_14192557.jpg

c0034396_14192670.jpg

c0034396_14192715.jpg

c0034396_14192874.jpg

c0034396_14192849.jpg

c0034396_1419297.jpg

まず地獄谷。
登別温泉と言えばこの光景。
グツグツしてました。

c0034396_14193077.jpg

c0034396_14193034.jpg

c0034396_14193149.jpg

c0034396_14193479.jpg


大湯沼まで足を伸ばして
c0034396_14193192.jpg

c0034396_1419327.jpg

c0034396_14193321.jpg

c0034396_14193352.jpg

紅葉が綺麗で
c0034396_14193424.jpg

c0034396_14193594.jpg

c0034396_1419367.jpg

天然足湯はちょっとぬるかったけど、再び歩き始めた足は軽かった。
c0034396_14193682.jpg

青鬼親子と写真を撮り

送迎してもらい車で15分ほど離れた今夜のお宿、登別カルルス温泉 湯元オロフレ荘着。
c0034396_14193722.jpg

白老牛美味しかった。

そしてお湯が最高!
露天と温度の違う内風呂が5つほどあった。
44度くらいの熱湯から40度弱の寝湯まであった。
聞くとこちらの源泉は70度。温度の下がった温泉で調節して水で薄めていないらしい。
道理でずっとぽかぽか。
せっかく登別温泉に来たのに天然足湯だけだったけど、登別は大湯沼から温泉をひくから温度が低く、登別温泉のスタッフがこちらに入りにくるんだとか。
宿の方は皆さん親切。
登別がいっぱいで偶然選んだ宿だったけど大正解でした。
また行きたいです。

二日目へ続く。
[PR]
by minorucasino | 2014-10-22 14:20 | 旅日記

KAJINで二紙

10月9日に陸奥新報朝刊、17日東奥日報夕刊にKAJINの取材記事が掲載されました。
c0034396_7275756.jpg

(【誤】ドリンク付き→【正】ドリンク別注文)
c0034396_7275536.jpg




以下の情報が正式情報です。

KAJINライブvol.5
「ただいま」
2014年11月3日(月・祝)
開場 15:30
開演 16:00〜

料金
大人 ¥1500+1ドリンク注文
小人(高校生以下)¥1000+1ドリンク注文
※ドリンクは生ビール¥450、ソフトドリンク¥250など

出演
梶野 稔
神 敏将

宣伝デザイン・衣装:佐々島 侑

会場
かだれ横町 多目的ホール
〒036-8035 弘前市百石町2-1
TEL&FAX 0172-38-2256

お申し込み
kajinlive☆ybb.ne.jp
(☆→@)

チケットはありませんが、お名前を頂戴するお申し込み制をとっております。
来場予定の方、当日ふらっと立ち寄ろうと思っていらっしゃる方はあらかじめご一報頂けると助かります。



人脈もコネも全くない津軽衆が東京でこれまでやってこられたのは津軽の大地、津軽の皆さんのお陰です。
今回は特にずっとお世話になった津軽の皆さんの為に歌おうと思っています。


「芝居は生もの」と言われていますが「ライブも生もの」です。

東京で歌う津軽の歌と
松山で歌う津軽の歌では違う音楽になりました。


今回は弘前で歌う津軽の歌。


どんな化学反応が会場で起きるのか…。


僕らの歌はどう変化するのか…。



一緒に津軽の秋の夜、奏でましょう!


かだれ横丁で待ってます!!
[PR]
by minorucasino | 2014-10-19 07:25 | インフォメーション

弘前のチラシ出来る

c0034396_1914940.jpg

↑クリックしたら大きくなります↑
facebookで昨日発信しましたが、弘前ライブのチラシがどーんと完成しました。
地図や言葉は僕ですが、なんと言っても今回はロゴとKAJINねぷた!
衣装担当で才能ある侑ちゃんが書いてくれました。

ライブ詳細は近々、青森地元紙二紙に取材記事が掲載される予定です。


思えば青森で過ごした期間と東京で過ごした期間が同じになったこの頃。

昔見えたものが見えなくなったり、
昔見えなかったものが見えるようになった。

そんな僕、僕らは凱旋する故郷で何を歌うんだろう・・・。

自分でも分からない。


それが生であり
ライブであり
舞台であり
演劇的なのではないだろうか。


上京した時とは違う自分に出逢えそうです。


逢いにきてください。
[PR]
by minorucasino | 2014-10-08 19:26 | Diary

山吉さんを想う

先月、山吉克昌さんがお亡くなりになり、今日お別れの会があり伺った。

山吉さんは民藝の俳優で僕が日活芸術学院に通っていた時の恩師。

民藝に入ってからも僕を気にして下さり、大変お世話になった。

2年目になった頃、週2回発声、体操のレッスンがあるだけでは足りないと感じた僕は山吉さんに頼みエチュードのレッスンをやって頂いた。
本公演に参加する事になり中止になったが、勉強発表会の演出も買って出てくださった。


今日、棺の中に一冊の本が入っていた。
c0034396_1559325.jpg

「久保栄 演技論講義」
昔、山吉さんなどが纏めた本。
ノートをとるなと言われていたのに、隠れてメモしたり受講者の記憶で纏めた久保栄さんの講義録。

旧版も頂いたが再版もメッセージつきで頂いた。

祭壇の遺影は山吉さんが描かれた素晴らしい自画像だった。
日活の卒業公演「グッド ラック」でアンドレイ役の時、油絵のようなメイキャップをしてもらったのを思い出した。

その卒業公演が終わっての卒業式に頂いた成績表に書かれた言葉を僕はずっと大切に持っている。
c0034396_1559362.jpg

「演技のスタイルというのは芝居によっていろいろ変化するものだし、一つの芝居の中でも変化するものです。ふざけているアンドレイ、まじめに考え込むアンドレイ、この二つでも演技の方法が違うわけだ。本番ではこの二つが実に解りやすく演じ分けられ、稽古場よりはるかによかった。
観客を感動させたことは一生忘れるな。
good luck!」


この言葉を胸にこれからも頑張りたい。



同じ舞台でセリフを交わすのが密かな夢だった。
「そのセリフじゃ俺出来ませんよ!」なんて生意気を言いたかった。


それはもう叶わない。


残念で仕方がない。


山吉さんは「心はどこにあるんですか?」とエチュードの時、みんなに聞いた。


山吉さん、死んだ役者の心はどこにあるんですか?
[PR]
by minorucasino | 2014-10-01 15:10 | Diary

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

最新のコメント

さらパパさま、アベさま、..
by minorucasino at 21:46
お元気でしたか? あぁ、..
by アベ at 20:34
おはようございます。 ..
by さらパパ at 08:14
やっぱり、あなたが出るか..
by もとひろ at 01:27
(4)がいいですね。扱い..
by うめつ at 08:58
シミよりまず眼球が怖いよ
by うめつ at 22:56
うめつさん>標準じゃない..
by minorucasino at 18:00
ルイさん>本年も宜しくお..
by minorucasino at 17:59

その他のジャンル