梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

橘 ラーメン

c0034396_22145289.jpg

お友達に教えてもらったラーメン屋、橘。

カウンター10席弱。

終演後21時過ぎに行ったら満席でした。

味は庶民的なトンコツラーメン。

美味しかったです。

さて今回は何杯食べる事になるのやら…。
[PR]
by minorucasino | 2012-06-29 22:10 | 旅日記

空間の壁

昨日、無事九州公演初日を迎えた。

ここで若手は壁にぶつかった。

東京の演劇専門劇場に慣れていた私達。
旅公演をやっているものの、こんなに長いセリフを任されるのが初めての者ばかり。
大きい劇場でのセリフ術を身につけていない。

開場前に演出家とマイクチェックをそれぞれ行い、最低ラインの大きさを確認した。

奈良岡さんは言う。
「劇場の大きさを感じて、客席に声を置くのよ。」
大きい声を出している訳ではないのに、奈良岡さんのセリフだけは聞こえるとよく言われる。


意識して舞台に出て行った。

奈良岡さんとのセリフの場面。
いつもよりはっきりゆっくりセリフを言われた。
その瞳は「このぐらいで言うのよ」と言われていた。


それを感じ取りはっきりゆっくり言う事に努めた。


この旅公演で若手は成長すると思う。
来年4月まで公演があるらしい。
最後はどんな千秋楽になるか楽しみだ。


そして旅日記も本格的にスタートしました。
こちらの方に近況をアップする事が多くなると思います。
こちらも是非ご贔屓にして下さい!!

劇団民藝『カミサマの恋』旅公演便り
[PR]
by minorucasino | 2012-06-29 10:41 | 旅日記

下関上陸

久々の旅日記の始まり。

昨日、多摩市民館でゲネプロをやり、夕方、最初の公演地の下関に到着しました。

ちょっと肌寒く、上着がないと歩けない感じ。

スーパーを覗いたら地のものが沢山。
c0034396_20293366.jpg

「オキュート」??
これなんなんでしょうね…。

二割引きのお弁当買ってレジに行ったら「半額のシールを貼る時間だから、半額にしますね」との事。

なんて良い町なんだ!!
[PR]
by minorucasino | 2012-06-27 20:31

最後の休日

稽古期間の最後の休日。
この後は荷出し→ゲネプロ→出発となるから東京での休みは8月14日までない。

雑事のラストスパートを午前中に済まして、午後はカレー作り。

これで元気に出発しようという試み。

チキンにウインナー、リクエストがありピーマンも入れました。
c0034396_227534.jpg


炒め具合が少なかったのか生姜のせいで辛かったけど、中々の美味しさ。

夜は溜まってるハードディスクの舞台、映画をザッピング。

ファウストの悲劇はこれでもかというくらいの蜷川演出。

コンフィデント絆は今ひとつ。

ビィヨンの妻は松たか子さんがとてもいいのは分かるけど、浅野さんはどうなんだろうか。

テ ズカは未來君の身体のキレに惚れました。話す言葉も説得力があった。あれはなんなんだろうか。

今日も一番良かったのは落語だった。
赤坂ブリッツ寄席。
TBSの落語研究会の500回記念で喬太郎が二席。色物二つ。
その間にシークレットゲストに風間杜夫さん。火焔太鼓をやられた。

キレがありお上手だった。
ラジオドラマでご一緒した時、落語の話を思い切って言えば良かったと後悔。

色物の紙切り、林家二楽さんがとても良かった。
最後に見せた小林幸子さんの歌にのせて見せた親への感謝を表したストーリー仕立ての作品は涙を誘った。

そして喬太郎師匠は創作二つ。

一つ目は「諜報員メアリー」というぶっ飛んだ噺。
二つ目は「井戸の茶碗」とテロップが出たから最後は古典で締めるのかと思ったら、替え歌を歌い出し「歌う井戸の茶碗」とテロップが変わった。

こうなったら口を開けてみるしかない。

圧巻だった。


色々観て二つ三つヒントを貰えた。

すぐ実践出来る環境にある僕は幸せだ。
[PR]
by minorucasino | 2012-06-22 21:26 | Diary

休日のショッピング

新宿に出てショッピング。
芝居で使うシャツを買う為に出たのに、吸い込まれるようにL-Breathに入店。

アウトドア用品を眺めた。

携帯ボトルが欲しくなって見ていたら、気になる商品。

「waterbobble」

濾過フィルターが装備されているから、水道水が美味しく飲めるらしい。

僕にはiPhoneがあるから口コミを調べると中々良い。
僕は旅先で2リットルの水を買い続けるから、これがあるとホテルの水を難なく飲める。
という事で購入して飲み比べると、水道水くさくなくまろやかな感じ。

二ヶ月で300回飲めるらしい。

どんなもんか、使ってみましょう。
c0034396_2324676.jpg

[PR]
by minorucasino | 2012-06-21 21:30 | Diary

本届く。

今日帰宅の際、ポストを開けると茶色く大きい封筒が入っていた。

封を開けると以前出演したミュージカルの演出家の勝田さんからだった。
c0034396_22293559.jpg

「生と死と再生の舞台 〜ジョーンズ&シュミットの祝祭ミュージカル〜」
著:勝田安彦
カモミール社

まだ前書きしか読んでいないが、ジョーンズ&シュミットのミュージカル作品の演出ノートが分厚い本にぎっしり書かれている。

私が2009年にやった「フィレモン」も勿論入っていて舞台写真も掲載されていた。
c0034396_22332682.jpg

(上の写真では4人の集団の左上、下の写真では左から2番目)
(クリックしたら全体が見られます)

そういう事もあって送って下さったのだろうが、終わって大分経っても育てて頂いている感覚があり、とても有り難い。


旅先の良い本に巡り逢えました。
[PR]
by minorucasino | 2012-06-19 22:39 | Diary

「サロメ」惨敗。パキラ買う。

今日は稽古お休み。

稽古中に別の芝居を観ると吸収するものが多いから新国立劇場の「サロメ」を観ようと思って当日券Z席に並んだけど、全くダメで帰宅。

スーパーで安売りしてたパキラを4000円で買って、2万で買ってダメにしたフィカス・ウンベラーラの鉢に植え替えた。
c0034396_22171271.jpg


ベランダを横目に観劇の代わりにハードディスクから「サド公爵夫人」「てんぷくトリオのコント」を観た。

「サド〜」は読んだ事があるけども、長セリフをテレビで聞くのは40分で挫折した。
「てんぷくトリオのコント」は井上ひさしの台本を三宅裕司が演出し、ぐっさん、ココリコ田中、獅童が演じてみる試み。

今でも面白く、若手で旅先でやるにはもってこいといった感じ。

夜には志の輔の「紺屋高尾」。

談春のも観た事があって、同じくすぐりだが志の輔の方が庶民的かな。


これが今日一番面白かったのが、また残念。

良い演劇に巡り会うのは難しいのか。。。


「サロメ」を観れたらどんなだったんだろう。
[PR]
by minorucasino | 2012-06-17 22:17 | Diary

10日払い♪

休み明けの稽古。

午前中に劇団に入って何度も何度も自主稽古を繰り返した。
そのお陰で一つ階段を登った感はあったけども、録音した声を聞いてみるとまだまだ音がぎこちない。

もっともっと貪欲にならないとな。



さて、今日は待ちに待った10日払い!

劇団では劇団の舞台公演での報酬は25日払い。
外部での報酬は10日に頂ける。

だから劇団では10日に封筒を持っていると、「何やったの?」と大変羨ましがられる。


テレビなどはやってから2、3ヶ月してから支払われる仕組みで、僕が2月に収録したラジオドラマのギャラが今日頂けた。


思ったより多くてびっくり。


後輩がソフトバンクのCMに出た時よりも多かったら奢ると宣言していたので、御馳走する事になっちゃった。


毎月貰えるように頑張ります。
[PR]
by minorucasino | 2012-06-12 22:31 | Diary

難しい事です

今日の稽古で幕切れまで一度立ち稽古をした事になった。


台本で確認していても、立ってみると忘れている事が沢山あってびっくり。


ラストで前回付かなかった動きが演出家から付いた。

うまく動けない私を見兼ねて奈良岡さんが実際に動いて教えて下さった。


台詞もそうだが奈良岡さんがやって下さると自分の役がまるで魔法にかかったように見える。
不謹慎かもしれないが、巧すぎて笑ってしまう。


役者の度量はダメ出しがあった後、ダメを受け止めて取り込んで飛躍出来るかだと思う。
足裁きを指摘されたら足に意識が行き過ぎて、目線を指摘されたらそこに意識が行き過ぎるが役の気持ちでやれるようにならないといけない。



明日明後日はお休み。

稽古を録音したデータを聞いて休み明けの演技プランを組み立てます。
[PR]
by minorucasino | 2012-06-09 21:57 | Diary

稽古初日 読み合わせ

今日は「カミサマの恋」稽古初日。
道具は建ててあるけれど、
今日は読み合わせなので椅子を舞台に持っていってみんなでコの字になった。

奈良岡さんからは
「初演は間に合わせてパスしたところがあった。
今回はデリケートな部分も突っ込んで掘り下げよう。
前と同じではやる意味がない。
セリフは心を通して初めて言葉になる。
リアリズム路線の劇団なのだから面白いセリフを面白くやろうとしない。」

最後の言葉は私に向けられた言葉でした。

初演から約半年振りにやってみると、それぞれの課題が見えて面白い。

私も前回以上のリアリティを目指したけど、空回りしたよう。

演出家からはダメ出しはなかったが、奈良岡さんからしっかりダメ出しを頂いた。

「語頭が高い。
スピードが早い。
お国言葉であるけども、得意にやってはいけない。」


今晩しっかり咀嚼して明日また稽古場で頑張ります。
[PR]
by minorucasino | 2012-06-06 18:27

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

その他のジャンル