梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

<   2012年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

文学座アトリエ「NASZA KLASA」観た。

今回のアトリエは角にステージを作り、三方向に客席が配置されていた。

屋台には古い教室を思わせる板が張られていて机と椅子が並んでいる。

装置は島次郎さん。この引き算はさすがだ。

芝居はポーランドの同級生に戦前、戦中、戦後起った悲劇。
ポーランド人とユダヤ人が同級生でもあるのに、殺し合う。

ナレーションと歌、芝居を交えた展開。
難しい言葉が並ぶがお構え無しにスピーディーに芝居が運ばれる。

椅子、机を発想豊かに使われて役者も無対象をうまく生かしていた。

チラシの裏には


「演劇で歴史は語れるか」
重い課題への挑戦です

と書かれているが、十分その成果があったと思う。



自由に台詞が言える役者さんばかりでした。




負けてます。


私、我が社。
[PR]
by minorucasino | 2012-05-30 22:50 | Diary

「お」Tシャツ

c0034396_213934.jpg

今日は渋谷に出てセール開催中のユニクロへ。

だけど安売りでも、「とりあえず買っておこう」では銭失いである。


芝居の時に使えそうなベージュのVネックとタンクトップを購入。


チャリンコでの帰り道雑な店構えのリサイクルショップを発見。

物色したら「お」と刺繍しているTシャツを購入。
裏を見たらちゃんと縫ってある。
これで400円だから33歳の私には幼いかと思ったけど買っちゃいました。


値札にHPアドレスが書いてあったから調べてみたら、関西に住んでいる方でこのTシャツは2009年に東京ビックサイトで出展したものらしい。

それを2012年に乱雑に置かれたTシャツを僕が買うなんて…。

物にも運命があるように思えてならない。
[PR]
by minorucasino | 2012-05-26 21:39 | Diary

クリックは慎重に。

昨日、Facebookをやっていたら「友達を増やそう!」とメッセージがあって、色々クリックしていたら自分のヤフーメール送受信履歴がある方に一斉送信してしまい、今日は朝から「変なの届いた」というお問い合わせが・・・。

届いてしまった方、失礼いたしました。
[PR]
by minorucasino | 2012-05-25 21:22 | Diary

「臨界幻想2011」観た。

今日は青年劇場「臨界幻想2011」を観た。

30年前に上演したものを「今」を加えての再演。



原発事故を30年前に追求していて、切り口も真っ向から入っている。


フェンスで囲んだ装置も良かった。

役者陣もリアルで良かった。

時空を違和感なく操作して演出も良かった。



Twitterを観ても評判がとても良い。
27日まで紀伊国屋サザンシアターまで上演しています。

時間がある方は是非。
[PR]
by minorucasino | 2012-05-22 22:11 | Diary

日食に高尾山。

今日は朝6時に起きて金冠日食鑑賞で自然の不思議を体感。


以外と感動したのでした。



そして念願の高尾山へ!!!



最高でございました!!


前にも劇団の高尾山ハイキングで行った事はあるけれど、山に目覚めてからだから意識が違いますね!!


森はいい!!
風も鳥達も僕を歓迎してくれました!!


特に気になったのは山ガールのファッション。
格好から入って気分を作るのも大事。
見てるこっちもリゾート気分になる。


下山後、駅に山ファッションがあって、帽子を被ると専門なだけあって被り心地が違う。
普通のキャップだと蒸れるし、長時間には向いていない。



買っちゃおうかなー。

帽子にタイツにブーツにストックに・・・。


(ちなみに親知らずの腫れはまだです。)
c0034396_19222515.jpg

[PR]
by minorucasino | 2012-05-21 19:31 | Diary

アーティスト契約は辞退しました。

私が受けたオーディションはインディーズレーベルのオーディションでした。

デモテープ不要で一次審査で歌唱審査という事で腕試しも兼ねて参加。


二次審査はグループ面接。

一次審査の時にも話があったが、
「2年契約で1年後にデビューする。その費用の三分の一をアーティスト側で負担してほしい。」との事だった。

額は40万円弱。
その代わりアーティスト印税は10%と極めて高い。


先方のお話だと大手では資本を握ってる方の意見で作品が作られる。
アーティストであるならば売れなくても自分も出資して作りたい作品を作る方がいいのではないかと言う。

先方は昔、大手で仕事していた経歴があるので説得力がある。


分割にすると2万弱。
2年間の授業料だと思って払おうかとも思った。

だけど、分割で支払えるのかと伺ったら3パターン分割プランがあり、額が低くなるにつれて3%、5%、8%と事務手数料がかかる。

そんなに手数料ってかかるものなのだろうか・・・。




昨日二次審査通過のメールが来てアーティスト契約を結びたいとあった。


1年後のCDデビューはとても魅力的で、私も劇団も世間に広まる可能性がある。


しかし、本当に私に実力があるならば他のレコード会社からも声がかかるのでないかと思い、アーティスト契約は辞退させて頂く事にしました。


これが正しかったのかは分からない。

後悔しないよう頑張るしかない。
[PR]
by minorucasino | 2012-05-20 21:03 | Diary

1480円って!!

c0034396_13245355.jpg

あと二日で金環日食。


たいして興味はなかったけども、テレビでその話題を見る度にその気になってしまい、買っちゃった…。

日食グラス…。


置いてあったスーパーに行ったら無くなっててびっくり。


ますます購買意欲を掻き立てられてしまい、やっとコンビニで見つけたと思ったら1480円…。


ないな。


ない。
ない。


3分で1480円って…。



と何度も思ったものの、6月には金星が太陽の前を通り過ぎるというので、買ってしまいました…。


安いのでダメなのもあるという報道があるけど、高いだけあって性能はいいようです。
ちゃんと解説書もついてて読むと、太陽の角度は30度くらいとの事。


家から見られるかチェックしてから買えば良かった…。

明日は下調べに起きなくちゃ。


6月の金星の日面通過は日食グラスを通して黒い点くらいにしか見られないんだとか…。


この日食グラス。

曾孫に託す事になるかも…。
[PR]
by minorucasino | 2012-05-19 13:24 | Diary

ワイルドだろぅ?


ファッション雑誌読んでたらイタリア人がカットしたジーパンにジャケットを着てるのがお洒落だったから昔、古着屋で買ったPaulSmithのジーパンをカットしたらスギちゃんになっちゃったぜぇ。


ワイルドだろぅ?



余った足の部分で何か作れるか教えて欲しいぜぇ。


もったいないぜぇ。

c0034396_21335348.jpg

[PR]
by minorucasino | 2012-05-18 21:11 | Diary

「芝浜の革財布」観た。

今日の東京は天気もよく気分よく自転車にまたがった。

今日は迷わず目的地へ到着。

c0034396_20492382.jpg

前進座公演
@国立劇場
「鳴神・芝浜の革財布」


初めての前進座。
まず開演前のお客さんの入りに驚いた。
僕は開演40分前に到着したのだが、外の仮設女性トイレに行列。
劇場前はずっごい人の数。

これ、半端なかった。

よく民藝のお客様は入りが早いと言われているが、比にならない。


一旦コンビニに逃げて開演10分前に戻ったら入る為の行列が30mほど。

なんであんなに並んだのか、今だにわからない。


さて、お芝居は「ちゃんとお芝居を観たなぁ」といった印象。
しっかりとしていて隙がない。

特に今回は落語で一番好きな「芝浜」の歌舞伎版。

落語では男を起こすところから始まるが、
幕開きは男が芝の浜がいるところから始まる。

舞台展開を少なくする為だと思うけど、この方がすっきりしてたけどもこれだと落語にあるクスグリが使えなくなる。

他にも落語にあるクスグリを使っていないところが多かったので、前進座版という事で考えられた事なんだと思う。



しかし動員力には驚いた。



明日はオーディションに二次審査です。




明日



僕は



人生の



分岐点に




立つ。
[PR]
by minorucasino | 2012-05-16 21:06 | Diary

親知らずと「パーマ屋スミレ」

今日、親知らずを抜きました。

麻酔をしてるから痛くはないけども、下の歯だからすっごい口を開けられてゴリゴリやられました。。。

最後あれは縫ってたのかな?口の周りに糸が垂れてた。


口が開かないし、痛いしで食べるのも一苦労。
だいぶ腫れてきた。

夜は録画しておいた劇場中継「パーマ屋スミレ」を観た。
九州の炭坑の事故に巻き込まれた在日の人々の物語。

「焼肉ドラゴン」とセットの作りは一緒だし、屋根の上で語りがあるし、リアカーがあるし、水道があるし、話の構成が似ているから「なーんだ」と思っていたら、さすがですね。最後にはしっかり大きいテーマをぶつけられた。


「生きろ」



震災後の日本へもぶつけられた大作だった。

演劇でちゃんと変換して加工して創造しているのは、羨ましいかぎりだ。


刺激を受けたのか昔浮かんだメロディーがもっとしっかり降りて来た。

ギターも調子がいい。
ベースも聞こえてきて使った事のないオンコード(和音の下に違うベースを入れる事・・・ってわかんないですね。)が並びだした。


こりゃいい、録音しておこうと思ってMacを開いて録音ボタンを押してギターを弾いて歌いだした。


歯茎が痛くて口が開かなくてまともに歌えませんでした。。。


最後までやり遂げたけど、痛い痛い。


寝る前に飲む痛み止めを先に飲みました。

(いいのかどうかは知らない。)
[PR]
by minorucasino | 2012-05-15 22:55 | Diary

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

その他のジャンル