梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

<   2012年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

いまさら「ローマの休日」

すみません。今まで見た事ありませんでした。

ずっとずっと見たいと、
見なきゃと、思ってたんですが・・・。


昔の作品とは思わせない凝った作りでとても面白かった。



さて、音楽家活動ですが、3曲作り直して明日また稽古場に持って行きます。

OKが出るといいな。
[PR]
by minorucasino | 2012-02-29 21:07 | Diary

まあまあ

c0034396_1921123.jpg

スタジオ最寄駅にあるゑびす像に手を合わせて…。

イヤー無事終わりました。

立ち位置を間違えたり、マイクの前に台本を構えたりして注意を受けましたが、無事終わりました。

色々ダメ出しも入り、現場での適応能力を問われたが、まあまあ出来たと思う。

しかし本番となると口に意識が行き過ぎて、何度か噛んだ。


どつぼに嵌まらなかったから良かったものの、硬さは否めない。


もう提供元、放送局がネット上に公開していますが、放送日詳細は後日お知らせします。


これが次の仕事に繋がればいいのだけれど…。


決シテ
欲張ラズ…。
[PR]
by minorucasino | 2012-02-28 19:21 | Diary

明日だ。

いよいよ明日が収録日。


先週くらいから鼻が詰まっていて、収録日までには治るだろうと思っていたら、全く治らない。
で、今日耳鼻科に行って

「蓄膿症ですか?花粉症ですか?」

って聞いたら

「最近呑み歩いたんじゃない?」って言われ

「そうです・・・。」
と私。

「落日」の公演中からほぼ毎日呑んでました・・・。


酒を呑むと鼻が詰まるからミュージカルの時もライブの前も呑まなかったけど、最近は気分よく呑んでた私。。。


沢山呑んでた訳じゃないけど、これじゃあダメですね。
プロじゃない・・・。

「その時」が来た時に出来なければ、なんにもならない。


台本も読めるようになってきた。


形になるために声を出していたけど、大切なのは「何を聞いて何を言いたいか」だ。
劇団でやってきたように、台本に書き込みしてやっていくしか道はない。

しかし、今回大事なのは「噛まないようにする事」


与えられた台詞には感情をむき出しにするべき台詞が2、3ある。

台本を少し話して相手に向かってぶつけたいけど、NGになって周りに迷惑はかけられない。

だけども、芝居はリラックスしてやらないと、その場でのドラマは産まれない。


明日は沢山の演劇界の大御所に出会える。
見学もして勉強させてもらおう。
[PR]
by minorucasino | 2012-02-27 21:02 | Diary

上野三昧

c0034396_21163176.jpg

c0034396_21163173.jpg

c0034396_2116316.jpg

c0034396_21163141.jpg

c0034396_21163192.jpg

煮詰まってても仕方ないので、今日は上野に行ってきました。

アメ横に行って、海鮮丼を食べた。
(いつも行列が出来てるから食べたけど、僕は舌が肥えてるらしい。冷凍でした。)

マックに行って150円のLポテト。
(残りは僕が食べるはめに…)


国立科学博物館へ。

タロとハチ公がいた。
二匹ともでかい!
タロは熊みたいでした。

他にも見るところが沢山あって、疲れた…。
人類の変化の最後は「現代人」。今日は僕が標本になった。


招待券を頂いたので、上野鈴本演芸場へ。

最初、広小路亭へ間違えて行ってしまいました。

手ぬぐいも買った。

感動する面白さには出会えなかったが、ものを色々覚えた。

外では追い出し太鼓。


東京ですな。
[PR]
by minorucasino | 2012-02-25 21:16 | Diary

煮詰まる

今日は気分転換に映画を二本見た。

「アウトレイジ」と「レスラー」


どちらもサントラも気にしながら見ていたが、主張のない感じ。


これでいいんだといいイメージで鍵盤の前に座ったけど、全く出来ない。


自分の作りたいものと要求されている事の違いに指が反応しない。


プロフェッショナルとは「期待に応える事」と三谷氏が言っていたのを思い出した。


プランナーにとって自分のプランはどこに位置付ければいいのか…。
要求通りやればそれでいいのか?
それが出来ないとOKは出ないし、次はない。


いやー煮詰まった。
[PR]
by minorucasino | 2012-02-25 00:16 | Diary

5億は僕がいただきます

c0034396_21595373.jpg

今日は野方に「朝に死す」の稽古へ。

作った曲のお披露目です。


結果10曲中3曲が作り直しになった。


いやー、難しい!!


どれも芝居のバックに流れるから解釈と演出家、役者のイメージと重なるかどうか。


言葉を音に変える作業。


もうしばらく格闘します。


さて新宿で話題の宝くじを買った。


もちろん震災復興もあるというので購入したのだが、連番を買った。


5億円狙います!!


稽古場兼スタジオ兼自宅を今から構想して…。
[PR]
by minorucasino | 2012-02-23 21:59 | Diary

1+1=1

今日のクローズアップ現代を楽しく見た。

世界で大ヒットしている由紀さおりさんを取り上げてヒットの秘密を科学的に文学的に音楽的に分析していた。

中でも山田耕筰の言葉が興味深かった
「1+1=1」
最初の1は日本語詞、次の1は西洋音楽、=の1は今までにない新しい音楽というもの(だったと思う。)

日本ポップスではサビに中学生レベルの英語の入れたり、あ行の言葉を入れる(「あなたー」とかですね)のが常套手段になっているけど、なるほど童謡はそうではない。

「小さい秋」にしても「この道」にしても、言葉は少なく説明がないが風景がとてつもなく広がってくる。


そこから勉強しないといけないんですね。



歌唱分析では母音に強調されているというのが、勉強になった。
こうする事によって言葉が前に出て耳に入ってきやすい。

子音が強いとカチカチで入り辛い。



「朝に死す」の音楽作業を初めて5日ほどたったが一応完成しました。

短いのも入れて全部で10曲。

一日中やってたら出来るもんですね。


採用になるといいけど・・・。
[PR]
by minorucasino | 2012-02-21 23:13 | Diary

これが第三舞台だったのか

今日、wowowで放送した第三舞台の「深呼吸する惑星」を観た。

正直がっかりした。
全く観ていられない。
台詞が噛み合っていなくて、昔やっていた事を40過ぎの役者が息切らしてやっていても感動出来ない。
ふんだんに取り入れたギャグが売り物だったらしいが、滑りまくりだった。


こんな強気な発言には裏がある。


僕が芝居をやるきっかけは鴻上尚史氏にある。

姉が高卒後、演劇部の仲間と作った劇団がやった芝居が鴻上尚史氏の「天使は瞳を閉じて」でとても面白かった。
上京して同じ舞台を若手で上演していたので見に行ったらとても面白かった。
殻を破る事の重要さを目の当たりにした。

オーディションを受けて2次審査で鴻上さんの前で3分間芝居をやったこともある。


しかし最近聞くところによると、ワークショップで新劇批判をしている話を聞くし、新劇系の役者に向かって執拗なダメ出しをしていたらしい事も聞いていて、それならばどんなものを見せてくれるんだという気持ちもあった。


生の舞台とテレビでは全く感じ方は違うが、ブログをざっと観たところ同じような感想が目立ちました。



BSやwowowで舞台中継を観るが、よくないものの方が多い。
これならば僕たちがやっている事もそう古くはないんじゃないかと思ったりしていますが、どんなものなんでしょうか・・・。


ラジオドラマの収録日が決まった。


その時に分かるんだろう。
[PR]
by minorucasino | 2012-02-20 22:09 | Diary

作曲作業二日目

落日が終わって、だんだん日常に戻ってきたがやる事は山ほどある。

やっと頭に描いていた音を実現化する作業。

やりだすと描いていたものはだいだいボツで、鍵盤を叩いて生まれたメロディーの方が生き始めるから不思議だ。

ピアノの音は僕にイマジネーションを与えてくれる。

最初はシーンに応じて楽器を変えようと思っていたが、ピアノの方がしっくりくる。
採用になるか分からないけども、包容力があるように思う。

4曲ほど出来たが、まだ詞を書くときの煮詰まりはない。



夜にはwowowで放送していた渡辺貞夫のコンサートを見た。

いやー、いいですね!!

スイートでチョコレートのような音色。
バックのバンドメンバーもとてもいい。
ドラムソロは圧巻でした。

知らない人は「MY DEAR LIFE」を是非聞いて下さい!!
[PR]
by minorucasino | 2012-02-18 21:14 | Diary

台本もらったら…

c0034396_0333029.jpg

今日は小田原倉庫に行って道具を納めた。

事務所から留守電が入っていて台本が届いたと言うので、青山の事務所に行った。

受け取ってすぐ封筒を開けた。

キャストを見たらびっくり!
演劇界の大御所ばっかり!!
まだ公言しない方がいいと思うので、伏せておきますが、各劇団の看板がずらりといらっしゃる。

僕の登場は3シーン。
迫田という役でした。

小説を読んでも共感出来たし、今の世の中に対する思い、劇団に対する思いとリンクしていて「なんで演出家は分かったんだ?」と思ってしまいました。


噛みそうな台詞がいっぱいある…。
この壁を世に知られる人は乗り越えたんだ。


俺も越えてやる!!!!
[PR]
by minorucasino | 2012-02-16 00:33 | Diary

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

その他のジャンル