梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

デビューしてしもうた

c0034396_19441432.jpg

アレルギー検査の結果

スギ花粉 3
ヒノキ花粉 2
(最大 6)


だそうな。

これが段々レベルが上がっていくんだって〜。


あ〜あ。
[PR]
by minorucasino | 2011-03-29 19:44 | Diary

僕の「WE ARE THE WORLD」を聴いてください。

僕の産まれ育った東北が苦しんでいます。
「WE ARE THE WORLD」の楽曲の凄さを借りて
今叫ばなければいけない言葉にして歌ってみました。

誹謗中傷覚悟しています。
後日バンドメンバーに協力してもらい映像も撮る予定です。

聴いてください。

梶野稔side my voice
「WE ARE THE WORLD
東日本大震災復興支援バージョン」

サイト内では歌詞が乗り切らないので、こちらで紹介します。

WE ARE THE WORLD
東日本大震災復興支援バージョン
日本語詞:梶野稔

今こそ立ち上がる時  悲鳴(こえ)は聞こえてるかい?
住む場所もなく 家族と離れ みんな凍えている
テレビを見て涙したならば 扉に手をかけよう
流された宝物を 一緒に取り戻そう
※1 We are the world,we are the children
   僕らの星の為に立ち上がろう
   見て見ぬふりは 出来ないはずさ
   愛は乗り越える 必ず

一億火の玉になって 焼け野原になった星
物欲に走るよりも 今こそ目を覚まそう
※2 We are the world,we are the children
   未来は僕らの手に懸かってる
   いつかはきっと 笑いあえる
   夢はすぐそばで待ってる

この瞬間 飢えて死んでく
乳飲み子も天を仰いでる
踏み出そう やればできる
さあ もう 産まれ変われる
※1 繰り返し
※2 繰り返し
It’s true we’ll make a better day,just you and me.
[PR]
by minorucasino | 2011-03-24 16:20

夢と現実の間

c0034396_22594656.jpg

昨日高田馬場に初めておりてバイトの面接に行ってきた。
最近の一連の動きで地震依頼ホテルの仕事がなくなり、違う登録制の施設警備のバイトを探したのだ。


話しを聞くと土日が中心で平日はほぼないとの事。(どこもそうだが、毎日仕事があるとうたっているところほど仕事はない)
面接官も芝居をやっていたと打ち明けてくれて、その時は月40万稼いだと言っていたが、そんなシフトは僕のような不定期の人には出来ないらしい。
土日なら今週からホテルが復活する予定だし、その場で初めて辞退した。

またホテルがどうなるか分からないし、その時はまた宜しくと別れたが、その時の彼の目は忘れられない。

こちらの感じすぎとは思うが
「まだあんた芝居やるの?」
「もう俺は芝居をやりたいとは思っていないんだ」
「俺は負け犬じゃありませんから」

などなどいろんな表情が滲み出ていて、なんか凄く身に堪えた。

俺はいつまで芝居をやれるのだろうかと。
彼のように演劇人を見る日が来るのだろうか。

やりたい事は山程あるが、この不景気で不安定な社会で何が出来るというのか。


その帰り道、パワーをもらいたくてチケットショップで岡本太郎展のチケットを購入したけど、運悪く休館日。


また今度たっぷりもらうとしよう。


僕の次のアクションはまた明日報告します。
[PR]
by minorucasino | 2011-03-23 22:59 | Diary

定額給付金を募金しよう

c0034396_2132962.jpg

今日、郵便局で
日本赤十字社東北関東大震災義援金に募金してきました。

額は少量ですが以前配られた定額給付金夫婦二人分でチャリティーの第一歩を始めました。


どうせ無かったお金ですし、皆さんもご一緒しませんか?


ちなみに郵便局員さんに聞いたところ今日の窓口での募金は15、6件だったそうです。
[PR]
by minorucasino | 2011-03-22 21:32 | Diary

一人カラオケデビュー

c0034396_19234087.jpg

劇団の後輩達の間で流行っている「一人カラオケ」。
ついに今日私デビューしちゃいました!


と言ってもカラオケはせず発声練習。


今日は町田でミュージカルのオーディションがあったのでした。


歌とダンスがあり、その通過者が台詞の審査を受けられる。


私は台詞までいけませんでした・・・。


ダンスのレベルについていけませんでした・・・。
昔習ってたんだから、簡単な振りなら大丈夫だと思ってたけど、甘かったですね・・・。


にしても台詞はやらせてもらいたかった・・・。


まぁ縁が無かったんだから、落ち込んでも仕方ない。


原作を読んでいい作品に出会えたので、これを構成して朗読スタイルに出来ないかやってみようと思います。


がんばろう、東北!
がんばろう、自分も!
[PR]
by minorucasino | 2011-03-20 19:23 | Diary

チャリ欲しい!!!!!!!!

c0034396_21171883.jpg

チャリンコが欲しいんス。

すいすい街を摺り抜けたいんス。


持てば図書館にも行きやすくなるし、ジムに通いたくなる。


かもしれない。


新宿の劇場に通ったり・・・。


「趣味:サイクリング」


ん〜カッコイイ!!


街でよく見る自転車は高いかと思ったら3万以内で買えるみたい。


だけど店員さんに聞くと、「8キロ以上は疲れますよ、大きくて細いタイヤじゃないと。」との事で5万以上は覚悟しないといけないらしい。


上を見ればキリがない。


今の僕の空想では新宿にも下北沢にもスイスイ乗りこなし、電車で40分の劇団にも乗りつけてる図が浮かんでいるが、買って満足するタイプの僕が、そんなに乗り回すのだろうか・・・。


まして出無精ときている。
だけど倹約家なので是非とも欲しい。


いつまた電車が止まるかわからないし・・・。


高いの買っても盗まれるのも嫌だし・・・。



チャリガール、チャリボーイが目につくのでした・・・。
[PR]
by minorucasino | 2011-03-19 21:17 | Diary

『ありふれた言葉』

午後、TokyoFMを聴いていたら素敵な曲が流れてきた。


      「ありふれた言葉」ハナレグミ


アーティスト名は時々雑誌で見ていたが、ちゃんと聴いたのは、初めて。
オリジナルはスカバンドのROCKING TIMEだそうで、
そっちは聴けてませんが、とっても良い曲。
なんか「自然体でいいだよなぁ」と思わせてくれる一曲。
そしてまたしても僕にはセンスがないんだなぁと思わせた一曲。

YouTubeでribako0607さんがアップしていて、アニメーションもグーです。
ありふれた言葉 ハナレグミ

聴いたらギター弾くたくなったでしょ?
楽器.me「ありふれた言葉」

このサイトは凄い!!


なんとボタン一つで画面をスクロールしてくれちゃいます!!

ギター弾き語りながら、小節の合間に急いで声を長く伸ばしながらページをずらす手間がかかりません!!


地震で疲れた心を癒してください。
[PR]
by minorucasino | 2011-03-18 15:07 | Diary

「善き人のためのソナタ」

HDDに入りっぱなしだった映画を観劇した。
c0034396_1215773.jpg
c0034396_1214084.jpg

『善き人のためのソナタ』2006年ドイツ
監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク

アカデミー賞、外国語映画賞を獲得している。

先輩からずっと勧められていたが、なかなか機会がなかったのが、悔やませる。
今まで観た映画で一番素晴らしい映画だ。
今まで役者なんだからと好きな映画はなんだ?と聞かれても
「良い映画」という概念にも疑問を抱くし、「好きな映画」と漠然と言われても答えに困り、ジブリ映画の「耳をすませば」と答えては、大不評をかっていた。(僕にはあの甘酸っぱさがなんともいえないのだ!)

これからは胸を張って「善き人のためのソナタ」だと答える。

実話かと思ったらそうではなく、ドナースマルク監督の情報収集と構成の見事さが光る。
是非舞台化した作品だ。

旧東ドイツの中にあって演劇の自由は無く、国家保安省(シュタージ)によって監視されて演出家ドライマンの自宅には盗聴器が仕込まれ、四六時中監視されている。
そうとも知らず、東ドイツの現状を西ドイツに暴露しようとするのがだが・・・。

同棲相手の女優は体制(シュタージ幹部の愛人になる)につくか、演出家の愛する男を信じるのか。
演出家は見つからず、密告出来るのか。
監視していたシュタージの心が揺れるが、正義を貫けるのか。


木下作品の「巨匠」を思わせる壮絶なドラマだった。
芸術家とはどうあるべきなのか。
すべてを失う覚悟で正義を貫くべきなのか。


私には解らない。
[PR]
by minorucasino | 2011-03-16 12:04 | Diary

都会でも米がない

冷静な判断を、と言われても地域のおばさま方は冷静ではない。

トイレットペーパー、ティッシュの買いだめ

米、牛乳の買いだめが目立つ。

本当に切らしていた家は大変であった。

今朝、9時半オープンのスーパーに15分前に行ったら、長蛇の列。
昨日、入場制限をした影響で「ならば、朝いちで!」と思ったのだろう。
私もそう思ったが、甘かった。
戦闘意欲が失せ、10分歩いて違うスーパーに行った。

そちらには結構物があったが、やはり米は無かった。
レトルトの赤飯と2kgの玄米をとりあえず買っておいた。

家にはホームベーカリーもあるので、パンを焼くという手もあるだろう。


さっき楽天で長野のお店の無洗米を購入してみたが、いつ届くのやら。。。



それにしても、平穏、平和な世の中でないと、芸術は存在出来ないのだとつくづく思う。

計画停電、余震、運休があっては舞台を楽しもうという気にはなれない。

戦後すぐ劇団を立ち上げた先人方に敬意を表したいし、劇場に集った昔の日本人に憧れを抱く。

「こんな時こそ演劇を!」と叫びたいが
壊滅状態の街に手を差し伸べる方が先なのかもしれない。


今はじっと冷静に世の中の動きを見つめ、
災害にそなえ、救助にそなえ、
身体を鍛えておくのが懸命なのかもしれない。
[PR]
by minorucasino | 2011-03-15 11:09 | Diary

僕の地震

まだ余震が続いていて実家にはまだ電話が繋がらない状態。

東京の午前中のスーパーはすっごい人で行列の凄さであちこちのおばちゃんが横入りをしようとして一触即発の雰囲気。


僕の昨日の地震現場は40Fのホテルの食堂。

昨日からホテルの配膳のアルバイトを始めて、お昼休憩中。
あとデザートのコーヒーゼリーを食べるのみ、というところ。

いくら耐震構造だから安全だと館内放送が流れているとしても、すっごい揺れ。


正直もう終わったと思った。


これは大変なことになると直感した。


昔、旅公演で岸和田に行ったとき、縦揺れの地震を二度受けた経験があるので、なんとかなるかと思ったけど、いつまでたっても余震は続くからエレベーターが動かない。
会は中止になったが、どうしていいかわからない。
ゲストは帰りたくても、駅に行ったところで混乱の中に飛び込むだけ。

夕方近くから階段で帰られたそうだが、僕たちはどうせ難民になるんだからと、明日やるかどうか分からない準備をしていた。時間はたっぷりあったので、色々教わることができて僕にとっては良かった。

さて、さて20時を回り炊き出しが出た。
夜21時半になり、歩いて帰られる人は帰ることに。


最初は楽勝かと思ったけど40階を降りるのはきつかった。
脹脛はパンパン。

やっと外に出て甲州街道を見るとすっごい行列。

難民の列はとてつもないものだった。


なかにはなぜかジョギングスタイルの人も・・・。


自転車屋には行列が出来ていて、いっその事買って乗っていこうという人たち。


僕も最近自転車が欲しいから、考えたが妻とは連絡がとれていないし、乗せること(違反ですがやむをえないでしょう)も出来ないから断念。

1時間経ち、二駅過ぎたら電車が走る姿が!!


乗る事が出来て、他の人よりはまだましの方だったのかもしれない。


家は寝室の手製の吊り棚から楽譜が落ちてたり、台所の網棚のグラスが割れたりしていて液晶テレビは無事でした。

結構このスタンドって大丈夫みたいですね。



壊滅状態の地域が多い。


これから日本はどうなっていくのか・・・。
[PR]
by minorucasino | 2011-03-12 15:33 | Diary

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

その他のジャンル