梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

長いも、届く。

僕の親のお歳暮は決まって「長いも」だ。
「メシにかけて食べれるものが一番だ!」 父
ちょっと歴史上の人物風に書かせてもらったが、この時期になると決まってそう言っていた。


手のひらを切ってしまい迷惑をかけた事もあるし、父の言葉もよぎり、今度の台本に「山芋」も出てくるし、親に電話して送ってもらった。

今日早速届いた。
みなさん大変喜んでくれて、10キロの長いもはすぐ無くなった。

送ってくれた父は雪囲いの作業中踏ん張ったせいで
痔の手術をする事になったそうだ。

梶野家の災難が皆さんに伝染しませんように・・・。
[PR]
by minorucasino | 2006-11-29 22:25 | Diary

五針縫う。

とある理由で日記を自粛していたのですが・・・。

土曜日、作業中にカッターで左手のひらを切ってしまい五針縫いました。

切った瞬間、何が起きたのか分からず大丈夫だと思っていても
皆さんの手配でタクシーで病院に行った。

声を出せないくらい麻酔が痛かった!

お医者さん曰く、きれいに切れているから直りが早いと言ってたけど
どうなることか。。。

包帯を取った左手の画像を載せたいところですが、
自分で見ても、グロテスクなので控えさせて頂きます。
[PR]
by minorucasino | 2006-11-28 18:47 | Diary

のび太の誕生日プレゼント

僕の人生も早いもので、28年と6日が過ぎた。

小学校の頃、よく先生に本を読めと言われた。
教室に全員の名前を書いた表を貼り、読んだらシールを一つ貼る。

幼かった稔少年はマンガは読むけど、本は全く読む気がしなかった。
なのでみんなのシールは増えていくのに、僕のシールは上に昇らない。

それではあまりにも格好が悪いので、読んでもないのにシールを貼ったりした。
読んでもないのにたしか5枚ほど貼った記憶がある・・・。

そんな本もろくに読んでないくせに劇団に入った僕は、大変出遅れている。
前よりは芝居の勉強の為に読む機会が増えたが、普段は面白いもので何もやっていない時でないとなかなか本を開かない。

しかし、今凄く活字を読みたい。
なんだか分からないが、読みたくて堪らないのだ。

先日、結婚した友人に歌を作ったが
その彼からボキャブラリーについて指摘された。
曲を聴いて感動してくれたらしいのだが、彼は僕が上京して曲を作り出した時から知っていて僕が好きなアーチストも知っている。
それと似た言葉になっている、と。

否めない。。。

この言葉だって「セロリ」を聴いて知った言葉だ。

歌詞を作る時は大変な労力を費やす。
曲はすぐ出来てしまうがそれからが産みの苦しみ、メロディーに合う言葉が浮かんでこない。
書きたい言葉はあっても、文字数は限られている。
本当に苦手で、歌詞は半ば諦めていた。

だけど、最近ふと思った。
「あとは作詞だけ」と思えばいいのではないか、と。
声は毎日舞台で鍛えているし、曲の構成の仕方も一応把握している。
あとは共感される詞を作ればいいんじゃないか、あと一つと考えたら頑張れる気になった。

そこで、昨日ベッドに入る前に棚から一冊の本を出した。
色々な言葉を知るためにはこれしかないと思い、国語辞典を開いた。

すると、「亜」にも「阿」にも意味がある事を知ったりして面白い。
まだ「あう」までも読んでないが、当分僕の趣味は国語辞典になりそうだ。
飽きやすいのでブームの方が正しいかもしれない。
持っている辞書は5万7千語収録されているらしいのだが、早くも別の辞書が欲しくなりさっきネットで調べてみたら「大辞林」が欲しい。
アクセントも載っているらしいので、役者としても嬉しい。

が。

値段は8000円。

Macの周辺機器ならすぐ買ってしまうだろうに、買おうという気になかなか慣れない。

のび太くんは毎年誕生日に貰う百科事典を嫌がっていたが、
僕は誕生日は過ぎてしまったのでサンタさんにお願いする事にしようかな?



「大辞林 第三版を下さい。」
c0034396_2118851.gif

[PR]
by minorucasino | 2006-11-24 21:04 | Diary

エルミタージュ!!

c0034396_20514346.jpg

昨日、久々に美に触れたくて上野 東京都美術館に行き『大エルミタージュ美術館展』を堪能してきた。
王様のブランチを見たかったが、昼過ぎになってしまうと殺到していると思い、『本のコーナー』の途中で家を出た。


上野に着くと午前中だというのに凄まじい人の数!
美術館に着くとこれまた凄まじい人手!東京という都市はこんなにも絵画を見る人がいるとは。
一つ一つの絵画に人だかりが出来ていて苦労したが、それでもエルミタージュから来た絵画は僕を17世紀に運んでくれた。
描かれている人物は優雅に息をしていて、どこか悲しい横顔。
妖精がいるような森の向こうには街が見えたり、奥行きを感じさせるブルーがかった森が見えたり。
逆に人物が単なる置物のように見えたり…。
描く作者の哲学的なメッセージがあることを解説から知り、深く絵を見入ったり、とても充実した密度の濃い時間を過ごせた。
ピカソの絵が一点あったのだが、何か僕に「どうだ!すげえだろ!」と叫ばれているようだった。「自分が信じてる事を目一杯やれよ!」と言われてるような気がした…。
購入した絵葉書は3枚。
シャルル・コッテ
〈海から見たウ゛ェネツィアの眺め〉
ルートウ゛ゥヒ・クナウス
〈野原の少女〉
オスウ゛ァルト・アヘンバッハ
〈ナポリ湾の花火〉
中でも最後の〈ナポリ湾の花火〉は素晴らしくロマンいっぱいでB5版の大きいのを買って部屋に飾りたかったのだが、さすがに絵葉書。
本物のそれとは比較すべきではないが素晴らしさは無い。
だったら絵葉書で我慢する事にした。



28年前の昨日、青森で僕の母は想像を絶する痛みに耐え、打ち勝って僕を産んでくれた。
それが無かったら絵画に触れる事も芝居をする事もギターを弾く事も出来なかった。

ありがとう。

そしてその時、パチンコをしていて急いで駆け付けてくれた父にも感謝したい。
ありがとう。


絵画を見て無性にヨーロッパを回りたくなった誕生日でした。
[PR]
by minorucasino | 2006-11-19 20:51 | Diary

風邪気味の不注意。

昨日、起きてから風邪気味の僕。
電気ストーブをつけたまま、本を広げて布団に入らず寝てしまったのが原因と見られております。

栄養ドリンクやらポカリ、葛根湯、食欲は無いけどとにかく沢山食べて
今は快気して来ました。

そんな今日の稽古で、二幕での事。
僕がプロンプ(台詞が出なくなった出演者に台詞をつける)をする役目。

集中しだすと具合が悪いのを忘れていたのですが・・・。
場の最後、緊迫しているシーン。

「奥様!!お医者様!!」
と台詞をつける所を
「奥様!!お客様!!」とつけてしまい
みんな失笑。
若手は爆笑。。。

全く気がつかず
後ろに座っている先輩に「お医者様でしょ」と言われ
周りを見ても笑っているので本当に僕は言い間違ったらしい。

こんな場面でお客を呼んでどうするんだと
自分で思い出し笑いしている
冬の入り口でした。。。
[PR]
by minorucasino | 2006-11-15 22:51 | Diary

僕と、君と。

初秋にあった「待てば〜」公演中に友人の結婚式が仙台であった。

僕は招待状の前に電話が早くに来て
式で何か歌ってほしいと言われた。
だけど公演中なので仙台に行く事ができず
残念ながら出席出来なかった。

それから僕は気持ちだけでも何か形にして贈ろうと思い
彼らの為に「僕と、君と。」という歌を作った。

友人夫婦はとても喜んでくれて
式が始まる前の待合室でエンドレスでかけてくれたそうだ。

♪モデル公園から 続く遊びなれた道
青山の家から 君に続いていたんだね・・・

Aメロに彼の育った場所を歌詞に入れた。

そんな彼が昨日家に泊まりにきた。
昔上京した当初はよく泊まりにきていた。
昔もそうだったが今回もいつの間にかベッドをとられてしまい
僕は友人の為に押し入れから出した布団で寝た。

鼾も一段とうるさくなっておりました。。。

そんな彼から新婚旅行のお土産。
c0034396_14322872.jpg

最後の楽園と言われているモルディブに行ってきたそうだ。

なんとも羨ましい。。。

縁遠い南国の香りがアパートに漂っている。
そんな週末です。。。
[PR]
by minorucasino | 2006-11-11 14:34 | Diary

10月 検索ワードランキング。

僕は小学生の頃
カレンダーを眺めて
早く誕生日にならないか
早くクリスマスにならないか
指折り数えていた。

なかなか明日にならない時計の針を恨んだ。

大人になった僕は
曜日感覚が無くなってしまい
誕生日が来る事すら忘れていた。
今日、某大型電気店の葉書に
「今月、誕生日のあなたに300ポイント!」
ってな事を見るまで。。。



さて、10月の検索ワードランキングは!?

1位 梶野稔 13
2位 山崎まさよし 3
3位 深川暮色 3
4位 待てば海路の 民藝 2
5位 美濃太田 2
6位 たったひとつの恋 1
7位 ナイキ スニーカー 購入 1
8位 バレエ教室 東戸塚 1
9位 ホテル南風楼 1
10位 まさよし 1
[PR]
by minorucasino | 2006-11-07 22:21 | Diary

JRのロゴの色

今日は稽古前に全体集会があり様々な報告があり
来年のレパートリーも発表された。

その場ですごく嬉しい方に逢った。
体調を崩されて3年程お休みされていた先輩だ。

先輩と言っても大大大大先輩である。
日活に通っていた頃、手取り足取り教えて下さった先生でもあった。

最後の卒業公演では本番のギリギリまで楽屋前の廊下で演出を受けたのが忘れられない。

なので僕自身の中では「お師匠さん」のイメージが強い。

そんな先輩のカムバックは凄く嬉しかった。

さて、話変わって今日のタイトル『JRのロゴの色』
みなさん緑だけだと思っていませんか?
地域によって、色も色々。。。
c0034396_22274194.gif
c0034396_22271694.jpg
c0034396_22282398.gif
c0034396_2228992.gif
c0034396_22322830.jpg
c0034396_22283410.gif
c0034396_22324475.gif


ほーらね。
これ、「何へぇ〜」ですか?
[PR]
by minorucasino | 2006-11-06 22:30 | Diary

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

最新のコメント

さらパパさま、アベさま、..
by minorucasino at 21:46
お元気でしたか? あぁ、..
by アベ at 20:34
おはようございます。 ..
by さらパパ at 08:14
やっぱり、あなたが出るか..
by もとひろ at 01:27
(4)がいいですね。扱い..
by うめつ at 08:58
シミよりまず眼球が怖いよ
by うめつ at 22:56
うめつさん>標準じゃない..
by minorucasino at 18:00
ルイさん>本年も宜しくお..
by minorucasino at 17:59

その他のジャンル