梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:ミュージカル日記( 17 )

合否はお釣り 後編

オーディション当日。

結果、歌は90%のパフォーマンスが出来たと思う。

5,6年前の前回迷った点に譜面とは違うメロディーを皆さんが歌っていたというのがあった。
それは表現で崩すというのではなく、発売されているCDの譜割りのメロディーを当然のように皆さんが歌っていた。

僕はこの時、皆さんが歌っていたCDのメロディーに変えたのだが、それも後悔していた。
渡された譜面が全てだし、今までやられている事をミュージカル畑じゃない僕が真似しても意味がないし、勝ち目はない。

今回も同じような事が順番待ちで分かったが、敢えて譜面通りにした。


歌のスタイルも皆さんがやっているビブラート全開の発声ではなく、ライブでやっているようにビブラートとノンビブラートを使い分け、新劇俳優らしく歌詞を咀嚼し表現した。同じメロディーの繰り返しなので劇団で教わるセリフの高低のアプローチを採用した。


10%足りないのは練習でやっていたテンポよりピアノ伴奏が早いのが前の人で分かり、結構皆さん歌詞が飛んでいたので表現は少しブレーキをかけた結果でした。また本番ではそれぐらいが丁度良かったりもするから自己採点は100点満点です。

何よりも歌詞が全部出たのが良かった。
当たり前の事だけど、スランプ気味だったから暗いトンネルを抜けた気分。


ライブの時も思うが今回も「自分は民藝で育った民藝の役者なんだな」と思った。
それでしかない。


前回なかったダンス審査は全然ダメ。

順番が最後という幸運に恵まれ、最後まで諦めずに、振りつけを確認したが覚えきれませんでした。
外国人の振付師さんは「ダンサーが欲しい訳じゃない、表現してくれ。」と言っていましたが、それはある程度出来る人の話でしょう。


歌は大満足だが、踊れなかったのは残念。4回ダンスレッスンに行ったが、これ以上は無理だったし仕方がない。


高音が出ない方が沢山いたが、僕は歌える方。
音大や芸大、ミュージカルスクールに通い出たい人が沢山いる中、テープ審査は通るのだから「あとはダンスが出来ればいいだけ」という考え方も出来る。

皆さんが履いているジャズシューズのメーカーも分かったし、買って定期的にレッスンに通おうと思う。

と宣言してみたりして。
[PR]
by minorucasino | 2015-02-18 20:47 | ミュージカル日記

合否はお釣り 前編

先日、ミュージカルの二次審査に行ってきた。
5,6年前に同じカンパニーの違う作品でも一次テープ審査が通って二次を受けたが、大きいオーディションはそれ以来になる。
その時はあがってしまい全く結果が残せなかったから今度は納得のいくパフォーマンスをしたかった。


人は何故あがるのか?
緊張感を持つ事は重要だが、あがってはいけないと思う。

三省堂国語辞典の「あがる」には
⑬頭に血がのぼって、ものが言えなくなったりする。

とあるが「あがる」は「舞い上がる」からきているように思う。
5,6年前の僕がそうだった。
受かりたくて結果を思い描きすぎて二次審査に行っても周りが見えず歌詞も飛び、全く結果を残せなかった。

それからというもの同じ轍を踏まない為にはどうしたらいいかずっと考えていた。
芝居、ライブの本番でも同じ事で人前で最高のパフォーマンスを見せるには自分はどうしたらいいのか考え続けた。

結果今の時点では
「褒められたいという欲を捨て、
本番ではもっと出来るという幻想を捨て、
練習通りの事をやるだけだ」と言い聞かせて本番に臨んでいる。


そう思い、自分に何度も言い聞かせても練習通りには出来ない。
口が渇いたり、手が冷たくなったり、力んでしまったり、テンポが早くなったり…。
「そんな僕がオーディションではちゃんと出来るのか?」というのが今回の課題だった。


今回のオーディション、出たいから応募したのだが合否はお釣りであってこの課題の方が自分には重要だった。

後編へ続く。
[PR]
by minorucasino | 2015-02-17 08:10 | ミュージカル日記

「RENT」観劇!!

旅公演は盆休み。
働く事に目覚めた僕はバイトのシフトを入れたのだが、今日は休みに。

先日テレビで日本人が出てることを知ったブロードウェイミュージカル「RENT」を観に赤坂ACTシアターに行ってきました。
c0034396_207415.jpg


事前にHPをみると・・・

▼ブレイクスルー・シート

クリエーターの故ジョナサン・ラーソンは、お金に余裕がない学生やブロードウェイに縁遠い若い世代にもこの作品を愛してもらいたいと願っていました。その彼の意思を引き継いだのがこのブレイクスルー・シートです。
ブレイクスルー・シートは1公演につき、最前列センターブロックの10席限定。
ご当選された方1枚のみの販売となり、価格は税込6,000円となります。

【抽選参加から当選(または落選)までの流れ】
1.各公演の開演2時間前から劇場正面にて抽選券を配布致します。
2.開演1時間前に赤坂ACTシアター正面に集合して下さい。
3.抽選会!ご自分の番号が呼ばれたらご購入頂けます!


・・・とある。S席12600円、A席10500円と比べると破格である。

お盆の昼だし、そんなに人はいないだろう、暇なのは僕くらいだろうと二時間前に行ってみた。
20分前に着いたのに31番目。
c0034396_20135991.jpg


時間までTBS前に出来た赤坂サカスを見物。
c0034396_20195445.jpg

今日から始まる世界陸上を記念してあるベルリンの壁。高さ3m近く。
c0034396_20211268.jpg

他にもこち亀のコーナーや色々あったが、僕が目を引いたのはなんといってもオスカー像。
「おくりびと」のオスカー像がTBS内に飾ってあってすっごくキラキラ光ってました!!


これならイケルかと思って1時間後の抽選会に行ったらすっごい人だかり。
一時間締め切ることなく集まった総数は164人となり16倍の競争率になった。

「39番!」

うぉー。おしい!と思ったら、もう30番台はなくあっけなく終了。

その列は当日券の列となり、なんとか立ち見席6000円を手に入れた。

立ち見は1階席後ろ二列立てるように数字が振ってあった。
僕は一列目。
後ろといっても、とても見やすい位置。

立つデメリットはあるが、二階席後方で10500円よりは良いはずだ。
内容はロックミュージカルだし、リズムも刻められる。


初めてのブロードウェイミュージカル、劇団でも信仰者が多い作品。
批判的な目で見ていたのだが、最後にはテーマソングを口ずさんでいた。

映画と違って2幕最初のナンバーだが、最高によかった。
黒人の大柄のシンガーのフェイクが凄すぎて涙が溢れた。
クラプトンの1音の凄さに匹敵する歌声だった。

みんなめっちゃくちゃ動いているのに、歌がぶれない。

レズのパフォーマンスが凄かった。
ゲイのパフォーマンスも凄かった。


字幕に追われ、役者を見る時間があまり無かったのだが、内面の創りが気になる。

確かに歌は上手い。


しかし、今、家で振り返ってみて心から台詞を言ってるという気がしない。

冒頭の台詞もぎこちなかったと思う。


それはどこの国でも、映像はよくても、舞台は難しいという事なのかもしれない。


しかし、ブレイクスルーシートは故人の理想とかけ離れたものだった。
並んでいる人はいい大人だ。
着るものもままならない演劇人のような人は皆無だ。
冷やかしで抽選会に参加している人もいた。
最前列で6000円の席がゲット出来たからと買ってあるチケットを売りさばく人もいた。

当日券で並ばされたと思ったら、事前にチケットを買っている人を先に通すよう促される。
めちゃくちゃなシステムだった。

「SEASONS OF LOVE」

52万5600分という時間
52万5600もの尊い瞬間
52万5600分という時間
あなたはどうやって1年を数えますか?

・・・そうキャストは歌ってましたが、120分僕はただ並んでいただけだった。
[PR]
by minorucasino | 2009-08-15 20:58 | ミュージカル日記

sensyuraku report

ミュージカル「フィレモン」が無事千秋楽を迎えました。


たくさんの方に観に来て頂きました。

どうもありがとうございました。


初めての外部出演。
劇団じゃないところで演劇をやる、カンパニーを作るという事はとても大変だと思っていましたが、演出家はじめ、立川さん、寺泉さんが良い雰囲気を作ってくださり、私も自然に芝居に集中することが出来ました。

歌は難曲が多かったですが、トライ出来たことが何よりの財産でした。
これから歌の先生を探してレッスンを受けようと考えてます。

喉に関していうとずっと旅公演中、劇場で発声をやっていたし、東京でも芝居から離れていた時期でも発声を続けていたことで公演中、コンディションを保てたのだと思います。
あと、鼻呼吸を徹底させたのも乾燥した劇場で有効でした。


芝居に関していうと、演出家が個人個人の演技の質を見極め、私に有効な切り口でダメ出しがあったのがとても分かりやすかったです。
それは劇団での芝居の作り方が間違っていなかった事が透けて確認できました。


昔お世話になった養成所の先生に「心でやったいるのが良い」と仰って頂けたのがなによりうれしかったです。


何をもって良しとするのかは非常に難しいジャッジです。
打ち上げで、私の二日目の演技について議論になりました。

ダメ出しを聞いた上で「どもった」芝居をやりましたが、
表面的だという指摘と、急に芝居を変える事に対する批判です。


人間の行動は様々で誰がどう答えられるものではありません。
僕がやったことはそれはあの時のアンドスにはありうる行為だと思ったからです。
答えは無限です。その時の私のコンディションもあいました。
その後、ダメだしがあり、修正しましたが。

自分だったら違う。
そう思うのはその人の勝手です、役者ならそう思って当然です。
だけど実際やる立場にあり、責任がある私としてはやらざるおえなかった。

違うアンドスをどんどん見つけてあげなくてはいけない、たとえ本番中であっても。
どう切り込んでも大丈夫だと相手役を安心していたら。
言葉の裏を膨らませ続けなければいけない。


アニメ、吹き替えの仕事をされている方が多く、リアリティーの出し方は人それぞれ。
その方自身抱いている演劇観はあったとしても、それが演技に伴うかどうかはまた違う次元です。

演劇ほど「言うは易し」の仕事はないんじゃないかと思います。
だから私は人の芝居をあれこれ言うのは好きじゃありません。
だんだん自分は出来てると思いこんでしまうんですね。

楽しい稽古でしたが、最初で最後の呑み会でこういうことになったのは非常に残念でした。


ただ立川さん、寺泉さん、演出の勝田さんに出会え、教えて頂いた事はこれからの私の大きな財産です。
ありがとうございました。


このままでは終わりません。
また別の仕事でばったりお会いできるように
知性を貪欲に増やし勉強しておきます。

劇団は「臭い芝居しかやらない」というレッテルを剥がさないといけない。
本当の挑戦が始まりました。
[PR]
by minorucasino | 2009-01-30 01:51 | ミュージカル日記

2回公演出来ました。

一回だけでへとへとなのに、2回なんてと思ってましたが、ユンケル飲んでやり遂げました。

昼には劇団の先輩が飛び込みで来て下さいました。

うれしかったです。


そして今回は演劇集団円の関係者が多く、円の養成所の先生もいらっしゃって
初めて褒められました。

「おまえさんの役はいい役だねぇ
みんなに見せるべきだよ。
このまま気持ちで演じなさい。」


涙が出そうになりました。



千秋楽は28日。


ずっとやっていたいけど、

やっていたいです。
[PR]
by minorucasino | 2009-01-24 23:26 | ミュージカル日記

初日開けました。

全く余裕ありませんでした。

明日も頑張ります。


体調維持が最大課題のようです。
[PR]
by minorucasino | 2009-01-22 23:52 | ミュージカル日記

初ワイヤレスマイク

今日から池袋東口にサイドを変えて、劇場入り。
(JRからお越しの方は35出口に出るとわかりやすいです。そのまままっすぐ歩くと着きます。)


あうるすぽっとは新しい劇場でとても綺麗です。

客席からも見やすい。


午後からは歌のリハーサル。
稽古場では入りきらなかった楽器を総動員させた稽古です。

凄い〓
ティンパニはある、木琴はある、鉄琴はある。
これをドラムの方が全部やるんですから凄いです。
シンセはYAMAHA DX7、mo8。
その他に音源のRoland XV-5080、JV-2080の2台も使用されて幅の広いアレンジになってます。

ピアノの方はジャズの方でアドリブも聴かせてくれちゃいます。

オケを聞くだけでも十分楽しめるはずです!


夜は場当たり。

…の前に初めて音響さんが来て
…初めて無線をお腹に付け
…初めてワイヤレスマイクを頭に付けました!

ミュージカルと言ったらやっぱりこれです。
その気にさせてくれます!


でも気を引き締めないと。

c0034396_2324264.jpg

[PR]
by minorucasino | 2009-01-20 22:39 | ミュージカル日記

稽古終了

ずっと通い続けた池袋西口の稽古場とも今日で最後。

なんだか、力が入らず、疲れてます。
喉が疲れてます。
無駄に喋りたくない感じ。

そのくらい
いっぱい歌って台詞を吐いてます。


今まで携わった中で一番素晴らしい作品です。
やっていて涙が出てきます。

そして僕の今までで一番良い役です。

今回は本当に多くの方に見てもらいたいです。


行こうどうか悩んでいる方!

見逃さないで下さい!
劇場でお待ちしてます。


さて、我が家にお祝いに知人からホームベーカリーが届きました。
c0034396_20121751.jpg

じゃあ、やってみようという事になり

やってみたところ・・・。



c0034396_20123640.jpg

焼けた焼けた!!

食パンですよ!

中ふんわり外はサクッと!


お弁当も飽きたから
劇場にはサンドイッチにしようかな?


さあ、本番だ。

かっこつけても始まらない。
やってきた事を信じて
なによりも弱い自分に勝つ。

さぁ、本番だ!!
[PR]
by minorucasino | 2009-01-18 20:19 | ミュージカル日記

縄かりん糖はなんて美味いんだろうか。

ミュージカル「フィレモン」の稽古は通し稽古。

苦労して練習してきた歌も、幕が上がれば早く終わってしまう儚さを感じます。

その一瞬を本当にリアルに思ってもらえるかが勝負なんでしょうね。


台詞覚えがいい方の僕ですが、未だに台詞のミスなく全幕終わった事がない。

複雑な心境を持った役で、それをまだ飲みこんでないという事だろうか。


稽古終了後
「あそこ、調子になってないか?」と演出家。

その通りです。
台詞をいうだけで精一杯でなんとなくやってしまったのです。


他のキャストからもアドバイスを頂き
ちゃんと見てくれている方がいて、とても良い稽古場です。



さて、今田舎から宅急便が届く予定なのだが、まだチャイムは鳴らない。

お腹が減ったので津軽名物「縄かりん糖」を食べて飢えを忍んでします。
c0034396_19535356.jpg

いつも仏壇にあり、子供の頃はポテチを食べたかったからあまり食べていなかったのだが、これが癖になる美味しさ。


はなまるマーケットに出演するまでに成長したら、
この一品に決まりです。
[PR]
by minorucasino | 2009-01-15 20:05 | ミュージカル日記

陸奥新報に掲載されました

1月11日の陸奥新報(青森の新聞社です)に掲載されました。
c0034396_2014061.jpg
(親からのファックスで、実物ではありません。)

こんなに大きく掲載していただきました。


反響も大きく
5歳の姪っこの優奈は
「なんで、
みのる、
しんぶんにのってるの???」
と祖母に聞いたらしく
「新聞は良い事か悪い事しないと載らないんだよ」
と教えたそうです(笑)


おじさんは良い事をしているのか、
悪い事をしてるのか・・・。


良い事だといいなぁ。
[PR]
by minorucasino | 2009-01-12 20:22 | ミュージカル日記

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

最新のコメント

さらパパさま、アベさま、..
by minorucasino at 21:46
お元気でしたか? あぁ、..
by アベ at 20:34
おはようございます。 ..
by さらパパ at 08:14
やっぱり、あなたが出るか..
by もとひろ at 01:27
(4)がいいですね。扱い..
by うめつ at 08:58
シミよりまず眼球が怖いよ
by うめつ at 22:56
うめつさん>標準じゃない..
by minorucasino at 18:00
ルイさん>本年も宜しくお..
by minorucasino at 17:59

その他のジャンル