梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ロケ終了、貴重な体験でした。

今日は初めてのテレビドラマ収録「はぐれ刑事純情派」の仕事日。
ちゃんと朝4:30に起きる事も出来て、いつもするおまじないもして、いざ出発。
着いて、前にお遭いした衣装さんにエキストラに間違えられたりしたが、ちゃんとTシャツの下に寒くない様、ロンTをつけてくれて、メイク室に。
普段は自分でやっている事を人にやってもらって何だか王様気分。本当は僕なんかしないでやると思っていたから嬉しかった。だってエキストラの人たちはノーメイクだし、着替えも自分で持って移動しなきゃ行けなかったり、違うタクシーだったり。
なんかその差はすごく考えさせられた。はっきりしてるものなんだな。
現場に着いてから、ロケバスで待機。先に僕と共演する方が先に呼ばれ、また暫く待つ。。。待つ。。。
そこで僕、トイレに行きたくなってきた。我慢出来そうかな?って思ってると不思議に前よりもしたくてたまらない。このまま我慢して本番をやってもいい事は無いし、行きたいと言っても生理現象をうるさく言う人もいないだろうから、優しそうな人を見つけて何処か聞いてみた。そしたら収録してるラーメン屋のトイレしかない。ちょうどカットがかかったので侵入し、用を済ませた。
トイレから出て外に出ようとしたら、「梶野!」と呼ばれ僕の出番になった。首に巻いていたマフラーを外に捨てて、監督の指示を聞いた。
最初のカットはすんなり本番もOKになったので良かったかな?って思ってちょっとモニターを見てみると動きが堅い。緊張はしていなかったが身体が畏縮してる。
次のカットが難関。店のテレビに友人が殺人事件に巻き込まれたニュースを二人で見て驚くシーン。監督からの動きを聞いてテスト。
僕が一言言った後「そりゃオーバーだよ。」と監督。ここから僕は崩れてゆく。ずっと舞台とは違う内面からの自然な演技を考え仕事を貰ってから稽古してきたが、造りが甘かった。今考えると最初のカットも声が大きかった。自分の考えていた内面をすっとばしていた。
しかし、監督さんは凄く優しい方で、テレビが初めての僕にちゃんとご指導して下さった。「板の上ではそういう言い方をしなければいけないだろうけど、ここは土の上。この範囲に伝わる芝居をすればいいんだよ。」
頭を抱えた僕に大変有り難かった。けど、すぐ本番というところで僕は何も出来なかった。用意してきたものを小さくやっただけにすぎなかった。本当に難しかった。
総評を自分ですると、初めての割にはNGも無く良かったかなとプラス思考で考える事は出来るが、やっぱり自分の未熟ぶりを痛感した。だってテレビの大滝さんは素晴らしいもの。
今回分かった事は声は本当に小さくていいという事。自分の予想をはるかに超えていた。「せりふはこぼれる雫」という言葉があるがそれの究極ではないだろうか。

下の写真はロケバスから。かすかに見える黄色のお店がロケ現場。
ちゃんと外に出て撮りたかったが、そんな度胸ありませんでした。。。
c0034396_18263529.jpg

[PR]
by minorucasino | 2005-01-31 18:27 | Diary

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

最新のコメント

さらパパさま、アベさま、..
by minorucasino at 21:46
お元気でしたか? あぁ、..
by アベ at 20:34
おはようございます。 ..
by さらパパ at 08:14
やっぱり、あなたが出るか..
by もとひろ at 01:27
(4)がいいですね。扱い..
by うめつ at 08:58
シミよりまず眼球が怖いよ
by うめつ at 22:56
うめつさん>標準じゃない..
by minorucasino at 18:00
ルイさん>本年も宜しくお..
by minorucasino at 17:59

その他のジャンル