梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

エルミタージュ!!

c0034396_20514346.jpg

昨日、久々に美に触れたくて上野 東京都美術館に行き『大エルミタージュ美術館展』を堪能してきた。
王様のブランチを見たかったが、昼過ぎになってしまうと殺到していると思い、『本のコーナー』の途中で家を出た。


上野に着くと午前中だというのに凄まじい人の数!
美術館に着くとこれまた凄まじい人手!東京という都市はこんなにも絵画を見る人がいるとは。
一つ一つの絵画に人だかりが出来ていて苦労したが、それでもエルミタージュから来た絵画は僕を17世紀に運んでくれた。
描かれている人物は優雅に息をしていて、どこか悲しい横顔。
妖精がいるような森の向こうには街が見えたり、奥行きを感じさせるブルーがかった森が見えたり。
逆に人物が単なる置物のように見えたり…。
描く作者の哲学的なメッセージがあることを解説から知り、深く絵を見入ったり、とても充実した密度の濃い時間を過ごせた。
ピカソの絵が一点あったのだが、何か僕に「どうだ!すげえだろ!」と叫ばれているようだった。「自分が信じてる事を目一杯やれよ!」と言われてるような気がした…。
購入した絵葉書は3枚。
シャルル・コッテ
〈海から見たウ゛ェネツィアの眺め〉
ルートウ゛ゥヒ・クナウス
〈野原の少女〉
オスウ゛ァルト・アヘンバッハ
〈ナポリ湾の花火〉
中でも最後の〈ナポリ湾の花火〉は素晴らしくロマンいっぱいでB5版の大きいのを買って部屋に飾りたかったのだが、さすがに絵葉書。
本物のそれとは比較すべきではないが素晴らしさは無い。
だったら絵葉書で我慢する事にした。



28年前の昨日、青森で僕の母は想像を絶する痛みに耐え、打ち勝って僕を産んでくれた。
それが無かったら絵画に触れる事も芝居をする事もギターを弾く事も出来なかった。

ありがとう。

そしてその時、パチンコをしていて急いで駆け付けてくれた父にも感謝したい。
ありがとう。


絵画を見て無性にヨーロッパを回りたくなった誕生日でした。
[PR]
by minorucasino | 2006-11-19 20:51 | Diary

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

最新のコメント

さらパパさま、アベさま、..
by minorucasino at 21:46
お元気でしたか? あぁ、..
by アベ at 20:34
おはようございます。 ..
by さらパパ at 08:14
やっぱり、あなたが出るか..
by もとひろ at 01:27
(4)がいいですね。扱い..
by うめつ at 08:58
シミよりまず眼球が怖いよ
by うめつ at 22:56
うめつさん>標準じゃない..
by minorucasino at 18:00
ルイさん>本年も宜しくお..
by minorucasino at 17:59

その他のジャンル