梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ハートウッド・エッジ

立ち稽古も三日目。コンビを組む先輩と話し合い、台詞を合わせて頂いたりよくなるように頑張っています。
だけど力が入ってしまい板の上にいる感覚が柔らかくならない。
初日まで一ヶ月。頑張ります。

今、家に帰って来ると先日古本で買ったレイ・コールマン著「SURVIVOR」というエリック・クラプトンの人生(1985年まで)を書かれた本を読んでいる。
まだ途中までしか読んでいないのだが、壮絶な人生だ。

ジョージ・ハリスンの妻パティにふられヘロイン中毒になり、パティを間に置いてジョージとクラプトンはジョージ宅でギターバトルをしたり。口説く為に「LAYLA」を書き一緒になってもアルコール中毒になったり。そんなクラプトンでもパティ一途という訳でもなく”千人切り”を目指していたり。
今のアコギを手にしているクラプトンからは想像出来ない。
でも、歌を聴いているとその様々な過去からの叫びが音になり歌になっているんだと理解出来る。
クラプトンは十代でデビューし二十代初めに大金を手にして片田舎に16エーカーの土地に20部屋もある大邸宅を買った。通称”ハートウッド・エッジ”。
そこで二度の中毒、様々な恋があったようだ。

これを読むと傷ついた過去を忘れようとするのでなく、それをいつまでも体の奥に沈めて忘れられないで生きていてもいいんだと思える。それが何かの力に作用するのであれば。

坂の上にある僕の”ハートウッド・エッジ”ではこれからどんな事が起こるんだろう。
[PR]
by minorucasino | 2005-11-07 23:46 | Diary

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

その他のジャンル