梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

僕の6月8日〜

6月8日 三島公演

今日から「乗り打ちバラシ」4連チャン。ラストスパートだ。

浜北から三島へ移動している時、
後輩と昨日のサッカーの話をした。
「ウッチーが交代してから何点入った?」なんて会話をして記憶が食い違っていたら隣のおばちゃんが「あの時は3対1よ。」と教えてくれた。
さすがお膝元。サッカー王国。
ミーハーな僕とは意識が違う。


着いた三島は鰻が美味しい。
去年は諦めたが舞台仕込み後のランチ、今度はいつ来られるか分からないから、鰻を食べると決めた。

昔から役者陣が通う「すみの坊(旧うなよし)」。

お店の前で先輩女優のKさんと会い、ご馳走して頂く事に。

僕は上うなぎを。
c0034396_1123711.jpg

やっぱり美味しい!
浜松よりも三島の方が好きです。

Kさん、自分のトランクを運んでくれている俳優に鰻をご馳走する事を思い出した。
電話すると繋がり、走って到着。
c0034396_1123891.jpg

塩田君も唸りながら食べました。

昼食後、本番前今日もキャッチボール。
c0034396_11231013.jpg

コツを掴んだとエース本廣が豪語。
大会が楽しみだ。

バラシ食は鰻おにぎり。

本当は理昭さんが鰻鯛焼きという生地がご飯で餡が鰻になっているものをオーダーした人に買ってきてくれる予定だったが、午前中で売り切れだったので鰻おにぎりになりました。
c0034396_11231340.jpg

鰻おにぎり220円。
これが鰻鯛焼きだと500円だったらしい。

後輩にあげようかと思いましたが、タイミングが合わず食べちゃいました。
美味しかったです。

終演後、ホテルでテレビを見ると地元ローカル局のサッカー特集がハンパない。

J2はもちろん、J3の静岡のチームの試合結果、高校総体の男女の結果も放送。
静岡県函南町出身、内田篤人選手の特集もあり、幼稚園の恩師、小学校の同級生、通ってた駄菓子屋も出た。
c0034396_11231414.jpg



6月9日 藤枝公演
朝、iPadに入れてあった「坊っちゃん」読了。

劇場前にある、蕎麦屋「八兵衛」。
食べくらべ
せいろと
c0034396_11231696.jpg

田舎そば
c0034396_11231885.jpg

僕の好みはせいろでした。

お店で瀬戸物の蓋を床に落として割ってしまった。
謝ると店員さんが「私は毎日割ります。掴みづらいですよね、親方に言っておきます。」
素晴らしすぎる対応で頭が下がります。

出番、ラス前。
いよいよあと2回。
声がいつになく出て、最後は色んな思いが入り混じって感極まった。
それは梶野であり、役の安藤であり。


終演後、ホテルの部屋に着くと市民劇場さんからこんなプレゼントが。
c0034396_11232048.jpg

疲れが出てきたので、とても嬉しい。


6月10日 磐田公演
c0034396_11232815.jpg

c0034396_11232985.jpg

c0034396_11233154.jpg

長谷部一色の藤枝を後に磐田へ移動。

今日のロビーは民藝ポスター&色紙展。
磐田演劇鑑賞会さんに来た民藝作品の数々。(夏の盛りの〜は違います。)
c0034396_11233657.jpg

c0034396_11233550.jpg

c0034396_11233343.jpg


この歴史の中に僕が出た「カミサマの恋」がある。
光栄であり、萎縮してしまう。


玉華堂のプリンが美味しいという情報が楽屋に入った。
楽天、Yahooランキング1位と聞いたら買うしかない。食べるしかない。

僕や甘党が注文。
だけど会員さんが更に10個近く差し入れしてくださいました。
c0034396_11233870.jpg

僕は抹茶をセレクト。
他にプレーンとあんこがあった。

全部ちょっとずつ食べたが、どれも濃厚で美味しかった。

6月11日菊川公演 大千秋楽

磐田から菊川へ。
磐田はジュビロ一色。
駅改札前はゴール前になっていた。
c0034396_11233965.jpg

磐田演劇鑑賞会さんでのカーテンコールで頂いたメロンと掛川演劇鑑賞会さんからバナナとイチゴを頂きました。
c0034396_11234135.jpg

掛川演劇鑑賞会は掛川と隣の菊川の交互でお芝居をやります。今回は菊川。
お茶の菊川は劇場がお茶一色。
c0034396_11234241.jpg

劇場の湯呑みも、印字。
c0034396_11234431.jpg

c0034396_11234524.jpg

東京では黒で当たり前の袖、客席の壁もお茶色。

そんな菊川文化会館アエルで事件が起きた。
音響効果が音合わせをしていると劇場さん(劇場にいるスタッフ)が言った。
「プロセ(舞台上にあるスピーカー)から30分以上音を出すと本番料金を頂きます。」
芝居ではプロセから出す音と劇団が持ってきているスピーカーを駆使して芝居の音を作っている。本番前の調整がとても大事なのだが、この条件はとても厳しい。全国的にも珍しいケース。

あと10分で言われた僕達は音響スタッフに協力してスタッフも健闘して時間内に済む事が出来た。


しかしローカルルールと劇場さんは言ったらしいが劇場のホームページを見ると
施設使用料にそんな注意書きはない。

市民が使うべき公共施設。
行政、管理団体が関わる以上、書面が全てである。
どういうことだったのか疑問が残る。



千秋楽には東京や公演班から電報を頂く。
c0034396_11234625.jpg

そして「八月の鯨」班からFAXも頂いた。
代表は日色さんと船坂さん。
公演班全員の名前に当てて送ってくださいました。
c0034396_11234870.jpg



大千秋楽。
なんともいえない緊張感。
水性ポマードも使いこなせるようになり、髪型もいい感じ。
c0034396_11235272.jpg


僕の最後の本番は一瞬「これで最後か」
と思ってしまい中途半端になった気がする。
だけどずっと一緒にコンビを組んだ先輩が今日初めて言ったアドリブに刺激を受けて乗り切った。

出番の後、先輩にお疲れ様を言い、あのアドリブが良かったと言ったら、あの一言をやろうと考えていた、と先輩。

この14年で先輩の後を追ってヨガ、落語にハマった。今度いつご一緒するか分からないが、成長して舞台で出会いたい。


このお芝居が14年出来たのはみんな頑張ったからだが、全国に広めた制作、上本さんのお陰。安田さんの音頭でみんなで記念ポスターを作った。
c0034396_11235312.jpg


終演後、緞帳が降りた舞台にみんなが集まり、東京から駆けつけた上本さんにプレゼント。
c0034396_11235549.jpg


そしてみんなで乾杯!
c0034396_11235625.jpg

c0034396_11235768.jpg


246ステージ。
終わってみると、呆気ない。

何も分からないところから始まり、毎日怒られる日々。

大怪我をした岐阜。

みんなで温泉に行ったり、ボーリングをしたり。

仙台ではコントの発表会もやった。

その時に後輩が落語「死神」をやったのが、現在の落語ブームに繋がっている。

芝居もその時の演劇感でアプローチが変わった。
同じセリフで色々試す事が出来たのは大きい収穫。


そして仕込み、バラシの作業をする上で天気は重要なのだが、今回も作業中だけことごとく晴れた。
「俺が仕事をしている時は雨が降らない!」と豪語してから晴れ男伝説が始まった舞台監督、裕一郎さん。
この梅雨の時期でもこの神話が崩れることはなかった。
明日の作業でも晴れるか、期待したい。


帰りの新幹線、新富士駅でやっと富士山の頂上を見る事が出来た。
c0034396_11235863.jpg

c0034396_11235989.jpg


いつかは登りたい富士山。
そんな余裕がある状況になるのはいつなのか。

勝負はこれからだ。


さあ、行こう。


次は6月30日、松山ライブだ。



こだま640号の車内にて


おわり
[PR]
by minorucasino | 2014-06-12 11:17 | 旅日記

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

最新のコメント

さらパパさま、アベさま、..
by minorucasino at 21:46
お元気でしたか? あぁ、..
by アベ at 20:34
おはようございます。 ..
by さらパパ at 08:14
やっぱり、あなたが出るか..
by もとひろ at 01:27
(4)がいいですね。扱い..
by うめつ at 08:58
シミよりまず眼球が怖いよ
by うめつ at 22:56
うめつさん>標準じゃない..
by minorucasino at 18:00
ルイさん>本年も宜しくお..
by minorucasino at 17:59

その他のジャンル