梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

文学座アトリエ「NASZA KLASA」観た。

今回のアトリエは角にステージを作り、三方向に客席が配置されていた。

屋台には古い教室を思わせる板が張られていて机と椅子が並んでいる。

装置は島次郎さん。この引き算はさすがだ。

芝居はポーランドの同級生に戦前、戦中、戦後起った悲劇。
ポーランド人とユダヤ人が同級生でもあるのに、殺し合う。

ナレーションと歌、芝居を交えた展開。
難しい言葉が並ぶがお構え無しにスピーディーに芝居が運ばれる。

椅子、机を発想豊かに使われて役者も無対象をうまく生かしていた。

チラシの裏には


「演劇で歴史は語れるか」
重い課題への挑戦です

と書かれているが、十分その成果があったと思う。



自由に台詞が言える役者さんばかりでした。




負けてます。


私、我が社。
[PR]
by minorucasino | 2012-05-30 22:50 | Diary

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

最新のコメント

さらパパさま、アベさま、..
by minorucasino at 21:46
お元気でしたか? あぁ、..
by アベ at 20:34
おはようございます。 ..
by さらパパ at 08:14
やっぱり、あなたが出るか..
by もとひろ at 01:27
(4)がいいですね。扱い..
by うめつ at 08:58
シミよりまず眼球が怖いよ
by うめつ at 22:56
うめつさん>標準じゃない..
by minorucasino at 18:00
ルイさん>本年も宜しくお..
by minorucasino at 17:59

その他のジャンル