梶野稔オフィシャルブログ 


by minorucasino

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

近代戯曲に触れて

c0034396_12442084.jpg

昨日シアターχで
佐藤春夫 作「暮春插話」
岡本かの子 作「ある日の蓮月尼」
を観た。

「ある日〜」に円の同期、高井君が出演した。


築地小劇場にタイムスリップしたような錯覚を起こした。

1920年代の話し言葉は趣があり、とても綺麗だ。

だけど客席で聴いていると綺麗すぎて、回りくどい。

役者には可哀相だったがイビキをかいて寝ている人もいた。
普通の芝居以上に観客に集中力と想像力が要求される。

僕はそれで良いと思うのだけれども、一般のお客様は満足してくれるのかしら。


自分も落語ばかりでなく、近代戯曲もやらなければと思ったのだけれども、手強いナァ…。

これから「朝に死す」の稽古。
音響さんと初顔合わせ。


夜は文学座アトリエへ。

これも近代戯曲。


神様のお告げか?
[PR]
by minorucasino | 2012-03-19 12:44 | Diary

カテゴリ

インフォメーション
Diary
旅日記
ミュージカル日記
小説

関連情報&リンク

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

その他のジャンル